ページトップへ

長期優良住宅の家

長期優良住宅について

Q 長期優良住宅ってなんなの?  

 

A 長持ちする家です!        

長期にわたり良好な状態で使用するために、以下の基準を満たした住宅のことです。
「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に基づき、県もしくは市が認定します。

  • 長寿命:長期間使用できる構造・設備を有していること

1.耐久性
木材の腐朽やシロアリ被害を防止するため、通気・換気に適した工法の採用、点検口の設置が必要

2.更新が容易
将来、設備機器などの補修や交換を行うため、点検口の設置や工法の工夫が必要

3.省エネルギー性
快適性の向上や光熱費の削減を図るため、建物の断熱性能や日射遮蔽性能の向上が必要

4.耐震性
大きな地震や台風が発生しても、損傷を少なく抑えて修復を容易にするため、
耐力壁の適切な設置や接合部の緊結等が必要

5.ゆとりある空間
将来、家族構成やライフスタイルが変化した場合に備え、容易に間取りを変更できる、適切な居住面積の確保等が必要

 

  • 環境への配慮:居住環境等への配慮を行っていること
  • 規模 :一定規模以上の住戸面積を有していること
  • メンテナンス計画:維持保全(点検・補修・修繕)を行う期間(30年以上)、方法を適切に定めていること

 

Q 長期優良住宅のメリットは?

A 安心して暮らせて、税の優遇も受けられます

近年の日本の住宅は寿命が短く、約30年で建て替えられていましたが、耐震性・省エネルギー性等に優れた長寿命の住宅を建築することで、
資源の削減やCO2の削減に貢献できます。
また、定期的にメンテナンスを行うことで、住宅を長期にわたって良好な状態に保つことができるほか、
認定を取ることで様々な税の優遇をうけることが出来ます。

  

  • 〈一般住宅より税が優遇される〉

長期優良住宅を新築・購入することで、いろいろな税の優遇処置があります。

  長期優良住宅
(新築に限る)
一般の住宅
所得税 控除対象借入限度額 5,000万円
最大控除額  500万円
控除対象借入限度額 4,000万円
最大控除額  400万円
登録免許税 所有権保存登記 0.1%
所有権移転登記 0.2%(一戸建て)
        0.1%(マンション)
所有権保存登記 0.15%
所有権移転登記 0.3%
不動産所得税 課税標準からの控除額増額
1,300万円
課税標準からの控除額
1,200万円
固定資産税 減額期間延長
(一戸建て)1/2減額を5年間
(マンション)1/2減額を7年間
新築住宅に係る減額
(一戸建て)1/2減額を3年間
(マンション)1/2減額を5年間

 

ただし、購入した時期や暮らし始めた時期により、内容が変わってきますので、必ず国税庁のHPで確認してください。

このほか、フラット35Sフラット50といった、好条件の住宅ローンでの借り入れができます。

 

Q 増改築の場合は長期優良住宅申請はできないの?

A 増改築を行う場合も申請可能となりました。(平成28年4月1日より)

 

  • 長期優良住宅化リフォーム推進事業

長期優良住宅化リフォーム推進事業とは、住宅性能診断を行い、性能向上を図るリフォームや、三世代の同居に適したリフォーム(段差解消・手摺設置など)に対し、
国が費用の一部を補助する制度のことです。

補助を受けるには、以下の要件を満たす必要があります。

①住宅診断を行い、維持保全計画を作成する。
②住宅の性能向上のためのリフォーム工事または三世代同居改修工事(段差解消・手摺設置等)を行うこと
③リフォーム工事後に劣化対策と耐震性について一定の基準を満たす

補助額は、限度額100万円/戸(長期優良住宅(増改築)認定を取得する場合は200万円/戸)
※三世代同居改修工事については、50万円/戸を限度額として、上記補助額に加算

 

Q 長期優良住宅の注意点は?

A 時間と費用がかかります

  • 申請費用・期間

長期優良住宅としない場合に比べて所要日数がかかります。
設計・打ち合わせ、申請期間にもよりますが、数週間から1か月以上の期間が余分にかかることがあります。

また、長期優良住宅の認定を受けるために費用がかかりますが、これは諸条件によりばらつきがあります。
併せて、行政へ支払う認定手数料が必要になります。行政によっても異なりますが、数千円~数万円かかります。

 

  •  建築費用

長期優良住宅の基準に合わせることで、建築コストが高くなります。
しかし、仕様を良くすれば建築コストが上がるのは当然のことです。
長期優良住宅の認定基準の中には、今の時代の新築住宅としては当たり前のことも多く含まれており、
長期優良住宅にしなくてもクリアしている項目がいくつもあるという住宅は多いです。
そのような住宅の場合は、建築コストはそれほど上がりません。

 

  • 完成後のランニングコストが不透明

完成後のランニングコストは、その住宅環境によって大きく変わるでしょう。
10年に一度点検し、直さなければならない所が多い場合にはいくら費用がかかるかは不透明です。
しかし、逆に言うと定期的に点検を行うことが義務付けられているので、こまめにメンテナンスが出来ます。
早めの点検と補修によって長持ちさせられることは、メリットと言えるでしょう。

 

 

長期優良住宅の認定には、注意点もありますが、大切な住まいを長持ちさせるための制度です。
協和ハウスでは、長期優良住宅認定の申請等手続きも行っておりますので、
詳しくはお問合わせください。

フォームでのお問い合せ

 

電話でのお問い合せ