ページトップへ

60歳からの家づくり

60歳からの家づくり

60歳は人生の節目

60歳を迎える頃には、多くの方が仕事の第一線から身をひかれ、少し時間に余裕のある生活に変わります。

そんな中

今、全ての部屋が使われた住まいになっていますか?

倉庫や物置になっていませんか?

将来、子供が今の家を生かして住んでくれれば、言うことはありませんが、なかなかむずかしい現実。

だから、将来子供達が面倒をみやすい家に変化させておくべきなのです。

そして、自分のこれからの人生の為にもより良い暮らし方を、家づくりを通して提案致します。

 

減築

不要なスペースは解体する。

解体することによって、今まで陽のあたらない所に陽があたり、快適な空間が生まれる。

 

生活スペースの集中

リビングを中心に生活スペースをつくる。

動線がスムーズになることで、楽で快適な生活がおくれます。

 

太陽光発電設置                                                                                                                   

 発電させた電力を売ることで維持管理費用にあてる。                                   

60歳を過ぎると、家にいる時間、とりわけ日中にいる時間が増えます。

その時間の電気を太陽光で補い、余った電気を売れば、将来子供たちが住まなくても、維持管理出来ます。

 

60歳からの生活をよりエンジョイするために60歳からの家づくり(リフォーム)をご提案します。

残りの人生、より快適に、より楽しく、より豊かに暮らしましょう!

いろいろな事例はこちら

 

協和ハウスは減築・リフォーム・増改築・太陽光発電等

さまざまな住まいについてのお悩み・ご相談に対応しております。

是非、お気軽にお問い合わせ下さい。

フォームでのお問い合せ

電話でのお問い合せ