ページトップへ

ZEH(ゼッチ)ゼロエネルギーハウスの家

ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)について

Q ZEHってなんですか?

 

A 使う電力 < 創る電力 にすること。

 ZEHとは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略で、「ゼッチ」と読みます。

 住まいの断熱性・省エネ性能をあげること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の消費エネルギー量の収支をゼロにする住宅をさします。

 

Q ZEHにするための条件は?

A 以下の3点が揃えばZEHと認められます。

 具体的には、壁の断熱や、断熱性能の高い窓を導入することで、しっかりと断熱を施し、
  エネルギー消費量を基準値以下に抑えた住宅にしなければいけません。

 また、エアコンや給湯器など、エネルギーをたくさん消費する住宅設備の省エネ性能を高める必要もあります。

 その上で、太陽光発電システムなどの創エネ設備を設置し、消費量以上のエネルギーを生み出せるようにします。

 つまり、「断熱」「省エネ」「創エネ」の3つが揃わなければ、ZEHハウスとは認められません。

 

Q ZEHにするメリットは?

A 大きくわけると3つあります!

 1.ランニングコスト(運転費用)を抑えられる

 ランニングコストとは、生活していくために必ずかかる費用です。

 ZEH化すれば、自家発電・自家消費の生活ができ、余った電気を売ってその他の必要費用に回せるので、ランニングコストが大幅にさがります。

 

2.補助金が受けられる

 政府は、2020年までにZEHを標準的な新築住宅とすることを目指しています。

  新しく家を建てる多くの方がZEHの仕様を導入しやすいように、国は補助金を出し、普及を促進しています。

  住宅ローンを組む場合がほとんどなので、補助金でまとまったお金が入ることは、購入者にとって大きなメリットになります。

 

3.体に優しい

 「ヒートショック」という言葉をご存知ですか?

   昔の家は、冬になると、居室に比べて廊下や浴室が極端に寒くなることがあります。
   そのため、「ヒートショック」と呼ばれる血圧の急激な変化が起こり、最悪の場合は死に至ることがあります。

   ヒートショック予防に一番効果的なことは、家の中の温度差をなくすことです。

   断熱がしっかりしている住宅は、建物全体が一定の温度で保たれやすくなり、ヒートショックが発生する原因を取り除くことができます。

   ZEHにするためには、しっかりと断熱することが欠かせません。

 

Q 良いことばかりなようだけど、注意点はないの? 

A 初期費用が通常の住宅よりかかります!

  ZEH住宅は、一般的な住宅に比べると、設備導入コストが高くなります。

  断熱性能を高めたり、省エネに優れた設備や創エネ設備を導入するには、どうしても高くついてしまいます。

  しかし、先述したとおり、ランニングコストは抑えられますし、補助金が受けられることを考えれば、
     初期費用は高くなってもメリットが大きいと言えます。

   ※補助金が受けられない場合もあります

 

 

 以前に比べると、省エネ家電・設備の価格は下がってきており、
 太陽光発電を導入されるお客様が増えてきています。

 ZEH住宅が当たり前になる日も近いのかもしれません。

  協和ハウスは、国の補助金事業ネット・ゼロ・エネルギーハウス支援事業に登録しております。
 

 詳しくはお問い合せください。

 

   協和ハウスのZEH目標公表資料

    

フォームでのお問い合せ

電話でのお問い合せ