ページトップへ

耐震リフォーム

なぜ、耐震リフォームが必要??      

日本は言わずと知れた地震大国です。
いつ、どこで大地震が発生するかはまったく予想がつきません。

阪神・淡路大震災や東日本大震災では、多くの建物が倒壊しました。
その原因の一つは、建物の耐震性の低さです。

 今住んでいる建物が安全なのかどうか、耐震診断をすることは大切な命を守る第一歩です。

 

  • 特に1981年(昭和56年)以前に建てられた建物は要注意!

日本では建築基準法などの法令によって、建築物を建てる際に最低限の耐震能力を証明する「耐震基準」が設けられています。
耐震基準は、大地震のたびに改正されてきましたが、特に1981年と2000年に大きな変更がありました。

なかでも、1981年6月の法改正以降の耐震基準を「新耐震基準」と呼び、それ以前の「旧耐震基準」と区別しています。

新耐震基準は、「極めて稀に起こる大地震でも倒壊しない」ということが前提になっています。

1981年5月31日以前の木造建物は、旧耐震基準での建物です。
大きな地震が発生すると、最悪の場合、建物の倒壊の恐れもあります。

 

  • 耐震リフォームってどんな工事が必要なの?

●基礎の補強
建物を支える基礎がしっかりしていなければ、地震に耐えることはできません。基礎が無筋コンクリートと一体化させます。
また、ひび(クラック)が入っている箇所があれば、そこの改修を行います。

●腐朽箇所の修繕
建物の土台や柱が腐朽していたり、シロアリによる被害を受けている場合は、「土台の取り替え」や「柱の根継ぎ」(柱全体を入れ替えず、腐っている部分だけ新しい材を使うこと)をして修繕します。また、新しく使用する木材には、必ず防腐・防蟻(シロアリを防ぐこと)処理を行います。

●壁の補強
建物の壁が水平荷重(横から伝わる力)に弱い「間仕切り壁」の場合は、筋かいや構造用合板を取り付けて補強することで「耐力壁」という抵抗力の強い壁に変えます。
耐力壁は横から加わる力に対して住宅を守るか壁のことで、木造住宅、プレハブ住宅でも使われます。

●屋根の軽量化

屋根が重いと、地震で建物が揺れたときに倒壊しやすくなります。
たとえば、自宅の屋根に重量のある日本瓦を使用している場合は、それを軽量な材質のものに取り換えるだけでも耐震性が向上します。

 

  • 住宅の耐震リフォーム、耐震診断には補助制度もあります!

耐震リフォームの補助金については、お住まいの地域によって補助額・条件等が変わります。

 

[豊岡市]の場合

●対象住宅

1.豊岡市に住宅を所有する方

2.簡易耐震住宅を受けた住宅
 (昭和56年5月31日以前に建てられた住宅で診断費用は無料)

3.兵庫県の「ひょうご住まいの耐震化促進事業」または、「豊岡市住宅耐震改修事業」に基づく耐震改修工事を同時に行う住宅

4.平成27年10月1日以降に豊岡市内の工事業者と請負契約を締結する住宅

※上記のいずれにも該当すること

 ●補助金額

最大30万円の補助
※リフォーム工事費用の3分の1以内
※豊岡市の予算の範囲内で先着順に受付

 

耐震改修工事の事例

 

協和ハウスでは、耐震改修リフォームのご相談も承っております。
お気軽にお問い合せください!
 

フォームでのお問い合せ

 

電話でのお問い合せ