ページトップへ

ダブルブレス工法で家を建てる

通気断熱WB(ダブルブレス)工法

〝深呼吸したくなる家”

私達はこれまで、「ひかりの家」として土壁の家を推奨し、建築してきました。

調湿機能にすぐれ、優しい風合いとやわらかい肌触りに,本当の自然素材の良さを生かした日本の家。

しかし、気密化に劣り、断熱性能も少し弱いところがありました。

その欠点を補い、なおかつ土壁の良い所を生かす工法はないのだろうかと研究調査してまいりました。

そこで出会ったのが、「通気断熱WB工法」です。

 

機械、電気に頼るのではなく、自然の空気の流れを生かすので、省エネルギー。

家具などから出る化学物質や、結露・カビの原因である湿気も、全て排出され、いつも空気がきれいで、深呼吸したくなる家になります。

 

通気断熱WB工法の特徴

1.機械換気(24時間)で入れ替えなくても空気が綺麗

2.冷暖房費の節約

3.アレルギーの原因を減らす

4.臭いがこもらない

5.地震に強い

6.夏過ごしやすい。本来、日本にあるべき姿の「夏に涼しさを感じる」家

7.冬あたたかい。寒い空気を直接入れないから。

8.結露も有害物質も発生させない、綺麗な空気の家

 

 
通気断熱WB工法について

 

 

 

 

「WB」のWとは、2重の通気層、Bとはブレス(呼吸)を表します。

これまでの家にもあった第一通気層に、さらに壁の内側にも第二通気層を設けました。

また、「呼吸」にも、人間でいうところの「気管呼吸」と「皮膚呼吸」の2つの意味があります。

 

1 家の呼吸(気管呼吸)

 

 

夏は“壁の中の通気性”

通気口から入った空気は、床下のひんやりとした空気と混ざって壁の中を上昇します。
この自然な空気の流れが、焼け込みの熱を緩和し、無駄な湿気を一掃するしくみです。

気温の変化で反応する ※形状記憶合金を使った仕組みで、壁の中の空気をコントロールします。

壁の中を空気が流れることによって、室内は湿気の影響を受けにくい快適な空間になります。

 

 

 (冬)

冬は“気密性と断熱性”

気温が低下すると※通気口は自動的に閉じて、冷たい空気の侵入を防ぎます。

壁の中の空気を動きにくくすることで、室内暖房の熱が逃げにくくなります。

夏の通気性とは一変、家は気密性、断熱性が高い状態になります。

  

 

 

※形状記憶合金

形状記憶合金は、気温の変化で伸縮する特徴を持っています。
暑くなると、形状記憶合金は縮み、通気口が開きます。
逆に寒くなると、形状記憶合金は伸びて通気口が閉まる仕組みになっています。

 

 

※通気口

気温の変化に反応する、形状記憶合金を使った通気口です。

 

2 壁面の呼吸(皮膚呼吸)

“湿気を通す壁”

日本の家づくりには、昔から土壁が使われてきました。

実はこの土壁、吸湿性に優れていて、湿気の多い日本風土に適していました。

夏は空気中の湿気を吸収してジメジメした感じをなくし、逆に冬は水分を放出して室内の湿度を適度に保ってくれます。

WB工法は、この土壁が持つ調湿作用を、現代の家づくりに置き換えて活用しています。

内壁には、土壁のような透湿性の壁を使い、浸透圧によって室内の余分な湿気は壁を透過。

湿気とともに化学物質の匂いも壁を透過して屋外に排出されます。

 

 

 

ひとつの家族でも、家に対する思いはさまざまです。

 

・夏涼しく、冬は暖かい家を建てたい

・こどもにアレルギー症状が出ないか心配。。。

・木を使った丈夫で長持ちする家を建てたい

・結露やカビ・ダニとは無縁でいたい

・湿気がこもらない家が良い  ・・・

 

これからの協和ハウスの家は全てクリーンな、人にも家にも環境にもやさしい家づくりをすすめていきます。

 

 

 

 

よくあるご質問

 

Q.24時間換気をしなくても大丈夫ですか?

A.大丈夫です。

WB工法は、壁の透湿作用と壁全体の化学物質を厚生労働省の基準以下にさげることができます。
したがって、換気が止まっていても化学物質の濃度が高くなる心配はありません。
しかし、建築基準法では0.5回/hの換気を義務化していますので、取付は必要です。
WB工法は換気システムに頼った住宅ではありませんので、高額な換気システムを付ける必要がなく、できるだけ簡易な換気システムで大丈夫です。

 

Q.冬は通気層があることで寒くなったりしませんか?

A.寒くなりません。

冬は形状記憶合金により開口部が閉じるため、通気層があっても問題はありません。
通常、外張断熱を行った場合でも、壁体内に通気層はありますが、断熱性能は十分に確保できます。

 

Q.冬に通気層がしまった場合、壁の中で結露は起こしませんか?

A.木材と壁の調湿機能で壁体内の湿度を調整しています。

冬は木材と壁の調湿作用で壁体内の湿度を調整しています。
冬に通気層が閉まった状態でも、約10%の通気を確保しており、この通気により、壁体内の湿気を少しずつ逃がします。
湿気が逃げるということは当然熱も逃げるということになりますが、非常に小さな値ですので、建物の温熱を損なうことはありません。

 

Q.透湿壁に汚れがついて、化学物質が透過しなくなることはないのですか?

A.石膏ボードの通気性が無くなることはありません。

石膏ボードのスキマは1/1000㎜で、ホルムアルデヒドの分子の大きさは1/1000万㎜ですので、
油などでべったりと汚れがつかない限りは、石膏ボードの通気性がなくなることはありません。

 

Q.形状記憶合金は劣化することはないのですか?

A.劣化はしません。

形状記憶合金は、伸ばしたり縮めたりの可動耐久試験を10万回行っておりますが、劣化はしないとの結果を受けています。
(日数にすると、例えば1日に2回可動した場合、1年で730回、10年で7300回、100年で73000回となります。)

 

Q.海に近い場所に新築を考えていますが、形状記憶合金が錆ませんか?

A.錆ません。

形状記憶合金は、チタンとニッケルでできているため錆びません。

 

 

  お客さまの声
・WB工法の特徴の結露の少なさ、夏の快適さ、冬の保温性も想像以上です。
 一年を通して快適に過ごせています。

 

・WBの家は夏涼しくて冬暖かい。前の家より広いのに、エアコンの電気代が少なく、
 30度を超える日でも、部屋の中は涼しく感じます。

 

・住み心地がこんなに違うのかという感動でいっぱいです。
 梅雨の時期は空気のべたつき感がなく、夏のエアコン使用時間も以前より少ないです。
 夏、外から帰ってきてもムッとする空気のよどみがなく驚きです。

 

・適度な暖房でしっかり暖かく保温性ばっちり。
 食事の残り香も翌朝にはほとんど感じず、気持ちよく過ごせます。

 

仏壇の線香のにおいやペットのにおいが気にならなくなりました。
 魚を焼いた時のにおいが残らない事には驚きました。

 

冬の朝起きて、1階の温度計が1ケタ(10℃以下)になっていることが住み始めてから一度もないです。(2017年1月現在)
 風の通り道を少し開けておくだけで、脱衣場や2階が暖かくて快適です。
 帰宅した際、家に入って「寒い!」という感じがあまりしないです。

 

 

 

WB工法について資料請求する 

 完工事例を見る

建築の流れを見る