ページトップへ

スタッフブログ

協和ハウスの新築 豊岡店 中村です。

豊岡・京丹後・朝来・養父で新築をお考えの皆様に、新築お役立ちコラムを毎日お届けいたします。

 

金利タイプは大きく「変動金利」と「固定金利」の2種類があります。まずは、それぞれの金利タイプの特徴を把握することが大切です。

今日は変動金利について見ていきます。

「変動金利」

変動金利は、返済途中に定期的に金利が見直されるタイプのローンです。

金利は半年ごとに見直され、金利が下がれば返済額は減り、金利が上がれば返済額が増えます。

ただし、半年ごとの金利の見直しごとに返済額が変わるわけではありません。

一般的には返済額の変更は5年ごとに行われます。

5年に一度の更新であれば、返済額アップに対する準備をする余裕が持てます。

また、金利の見直し後の返済額は前回の125%までしか上がらないルールがあります。

仮に、毎月の返済額が10万円だった場合、どれだけ金利が上昇しても5年後の返済額の上限は125%の12万5千円となります。

ただし、実際は返済額が130%アップしていた場合、残りの5%が免除されるわけではなく、次の更新時に繰り越されます。

次回は、変動金利のメリット・デメリットをお伝えします!

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全24ページ中)