ページトップへ

スタッフブログ

  • 中村 茉莉絵自己紹介へ
  • No.101【グランディアー新築】木造軸組み工法の魅力って?【豊岡・京丹後・朝来・養父の新築住宅】

  • 2019/05/31(金) 家づくりコラム

グランディアー新築 豊岡店 中村です。

豊岡・京丹後・朝来・養父で新築住宅をお考えの皆様に、新築お役立ちコラムをお届けいたします。

これから豊岡・京丹後・朝来・養父で新築住宅を建てようと思うと、たくさんの不安が出てきて何がわからないのかがわからない、という状態になってしまいますよね。
新築住宅を建てることは、 ほとんどの方が一生のうちで一番大きな買い物になると思いますので、絶対に失敗はしたくないものです。

そんな皆様の新築住宅計画がうまくいくよう、役立つ情報を発信していきますので、ぜひご参考になさってください!

 

木造軸組み工法の魅力って?

木造軸組み工法は、在来工法ともいわれ、日本の伝統的な工法になります。

「家を建てるなら、木の家がいい」という声は」よく耳にしますが、「鉄の家がいい」という声はあまり聞かないですよね。

木造住宅の魅力についてお話したいと思います。

①建築費用が安い

 木造住宅は、鉄筋住宅(RC,SRC構造)に比べ、建築費用が安い傾向にあります。材料費が安く済むことに加え、鉄筋住宅はそのままでは断熱性や吸湿性に劣るため、相応の材料や工事が必要になります。相対的にみて、建築費用が抑えられます。

 

②自由度が高い

 間取りなど空間の自由度が高いのも魅力です。
新築時だけでなく、リフォーム・リノベーションを行う際も、高い自由度で増改築可能です。

 

③断熱性・吸湿性が高い

木は鉄やコンクリートに比べ、熱伝導率が低く、断熱性が高い素材です。

また、吸湿性も高く、屋内の快適性はもちろん、ダニやカビの予防にもつながります。

 

 

 

記事一覧 | 2019年5月

  • 1 /
  • 2 /

1ページ (全2ページ中)