ページトップへ

スタッフブログ

  • 中村 茉莉絵自己紹介へ
  • No.86【グランディアー新築】バリアフリー住宅のポイントは?【豊岡・京丹後・朝来・養父の新築住宅】

  • 2019/05/09(木) 家づくりコラム

グランディアー新築 豊岡店 中村です。

豊岡・京丹後・朝来・養父で新築住宅をお考えの皆様に、新築お役立ちコラムをお届けいたします。

これから豊岡・京丹後・朝来・養父で新築住宅を建てようと思うと、たくさんの不安が出てきて何がわからないのかがわからない、という状態になってしまいますよね。
新築住宅を建てることは、 ほとんどの方が一生のうちで一番大きな買い物になると思いますので、絶対に失敗はしたくないものです。

そんな皆様の新築住宅計画がうまくいくよう、役立つ情報を発信していきますので、ぜひご参考になさってください!

バリアフリー住宅のポイントは?

・段差をなくす

足腰が弱っても、小さな段差であれば大丈夫だろうと思いがちですが、階段のように15センチ以上ある段差につまずくことはあまりないかもしれませんが、敷物や敷居などの小さな段差につまずいて転倒する、というのが高齢者の自宅での転倒事故の大きな原因です。

また、車いす生活になった場合は、小さな段差でも生活が難しくなります。

新築住宅を建てる際には、できる限り小さな段差もなくすようにすると良いでしょう。

・手すりをつける

手すりは、バリアフリー住宅でなくてはならないものです。

今は必要なくても、高齢の方の来客があった時などは役に立ちます。

新築住宅の建設時点でつかみやすい高さではなく、少し低めに感じる高さにしておくと、将来使いやすい高さになります。

 

高齢になった時のことを考えて、あらかじめバリアフリーの住宅にしておくと、大掛かりなリフォームをする必要がありません。

 【豊岡・京丹後・養父・朝来で月5万円代で高性能な家作り グランディアーの新築】

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全40ページ中)